ピカピカっ!プラバンフラワーのヘアクリップ♪

 

 

 

あぁ。。寒いっ!

毎日めっちゃ寒いですね。

ちょっと近所にお買い物に行くだけで、

あまりの寒さに涙腺がやられて涙を流しながらお買い物に行っている

もの創り職人です。

もの創りが仕事なのに、あまりの寒さに室内なのに指がかじかんでしまい、

思う様にもの創りが出来ませんでした。

後。。。

苦手なくせにミシンに目覚めてしまい、

ミシンばっかり踏んでいたという事もおおいにあるんですけど(-_-;)

言い訳はさておき、久しぶりにプラバンでお花を作りました。

先週あたりから寒波が凄くて、暖房をつけていても全くきかない、

さっき書いたように指がかじかんしまってもの創りができない、

そんな悩みを解消すべく、

めっちゃ温かいオーブン(温かいのれべるじゃないですねw)を使って、

ピカピカプラバンのヘアクリップを作りました^^

100均の大き目のヘアクリップ(長さ約8センチ)に、

思うさまお花や葉っぱをデコってみました^^

パーツを付けていく時は、いつもならレジンかグルーガンを使用するんですが、

子供達にも是非ぜひ作ってもらいたいので、

今回はボンドを使用しました。

乾燥するまでにちょっと時間はかかるけど、

出来上がりが思いのほかゴージャスなので、頑張ってみてください。

また、今回はお花の各パーツごとに焼いてから組み立てていく

「プラモデル」みたいな作り方なので、

ハマると以外と面白いですよ。

【2015年 新商品】プリント柄プラバン・無地(エメラルドグリーン) クツワ PT008K ★プラ板あそびブローチイヤリング作りHATS ★ 【3cmメール便OK】

価格:290円
(2017/1/26 10:44時点)
感想(0件)

材料

  • プラバン(厚さ0.2mm、焼くと1/3に縮むもの)
  • 作業台(大き目のスポンジにクッキングペーパーを巻いたものでもOK)
  • 色鉛筆、ポスカ(使いたい色)
  • ボンド
  • ハサミ、カッター
  • 紙やすり(ネイル用のやすりでもOK)
  • アルミホイル、クッキングペーパー
  • 綿手(軍手でも良いけど、細かい作業がやりにくいです。)
  • 3Dモデラー(お花の形成に使いますが、なければ太目のかぎ針でも代用できます。)
  • ウェットティシュ
  • 綿棒

 

準備

  • オーブンに入るくらいの大きさにアルミホイルをカットして、一度くしゃくしゃっと丸めてから、再度広げておく。
  • 紙やすりでプラバンに均等に傷をつけて(やすりをかけて)、ウェットティッシュでプラバンのかすを丁寧にふきとったら、さらにマスキングテープでプラバンのかすをとる。(かすが残っていると、色がにじんだりして焼いた時に綺麗な仕上がりにならないので、ここめっちゃ大事!)

 

  • 下絵を書く。

  • プラバンに下絵を移し、ハサミで切り抜いていく。(ハサミの根元の方で切ると、上手く切れます。)

  • 細かいところはカッターを上手に使って切り抜いてくださいね。

  • お花の台座(土台)の大きさは4×20です。(縮むと1/3になるプラバン)

 

*プラバンにより、縮む長さが違うので、自分のもっているプラバンで計算してください。

 

色を塗っていく

◆ポスカを使用する場合◆

そのままだと、色が濃くなってしまうので、

少しだけポスカを塗ったら、水をたっぷりふくませた綿棒を使って、

薄めながら、色を広げていく感じで縫っていきます。

◆色鉛筆の場合◆

色を塗った後に、綿棒やティッシュで叩く様にして、

余分に付いた色鉛筆を除きます。

 

*色鉛筆が残っていると焼いた後に固まりができてしまい、

あまりキレイな仕上がりになりません。

形成

  • オーブンを十分に温めて(私は200℃)、アルミホイルの上にクッキングペーパーを敷き、その上に土台になるプラバンをのせ、オーブンに入れる。
  • プラバンが完全に縮んで、動かなくなったらオーブンから取り出し、ヘアクリップの上に乗せて形成し、冷ます。(連続のお花も同様にする。)

  • マーガレットは2枚の花びらを重ねて作るのですが、一番はじめにお花の芯の部分となる丸い部分を焼き、取り出したら作業台の上に乗せて、モデラー(かぎ針の先の部分)で中心をグッと押してへこませます。花びらをオーブンに入れ、取り出したら先ほどの芯の部分でお花の中心をグッと押してへこませ、2枚目の花びらをオーブンから取り出したら、今度は先に焼いたお花で中心をグッと押します。葉っぱも同様にお花を使って、中心をへこませて形成していきます。

 

組み立て

◆マーガレット◆

1、葉っぱに少量ボンドを付け、その上にお花を二枚重ねます。

2、へこんでいない方の花芯を上に向けて、ボンドで貼り付けていきます

◆本体◆

・お花を並べながら、良い感じにレイアウトを考え、

考えがまとまったら、土台の上にボンドを塗ってお花達を付けていきます。

 

*ボンドはあまり多いと、お花が流れてしまいますが、ちょっと多めに付けた方が丈夫に出来上がります。

 

・土台とお花達が完全にくっついたら、ヘアクリップにお花達を土台ごと付けて出来上がりです^^

仕上げにラメネイルを使ってもグッドです!

このままでも、十分にツヤがあって可愛いんですが、

もうひと手間かけたいという人は、ラメ入りの透明ネイルか、

トップコートを全体に塗ると、キラキラとして綺麗ですよ!

ちょっと大き目のアクリルビーズを付けても可愛いかも。。です^^

もしもこちらの作品をお気に入りの方はオンラインショップの

HANARIMA SHOPよりご購入いただけます。

オーダーも受け付けていますので、オーダーをご依頼の方は、

お問合せフォームよりメッセージくださいね^^

 

まだまだ寒いです。

インフルエンザもめっちゃ流行っているので、

体調を崩さないようにしてくださいね^^

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です