A4で出来るキルト小物!小さなパンプキン風巾着❤

 

めっちゃお久しぶりです!

ものつくり職人です。

あまりにも時間が経ちすぎて、

いつ記事を更新したかすら忘れてしまうほど、

ずいぶんと時間が経ってしまいました(;^_^A

こう見えてものつくり職人も主婦なので、

いろいろとやることが多く、

最近ではむせかえるようなこの暑さで、ちょっとヘロヘロになっておりました。

なんて言い訳がましいスタートになってしまいました。

 

 

でも、そんなものつくり職人ですが、

このところの外出ラッシュのため、

大好きなハンドメイドができなくて、すっごいストレス!

外出とはいっても、終日の予定のため、

帰宅が深夜の時もあり。。。

我が家のミシンは、私が結婚直後に子供のベビー服作りに凝ってしまった時に、

パパがユザワヤで買ってくれたミシンなので、相当古い為、

以外と夜の静かな住宅街に響くんですよ。。

なので、夜中でもできる「手縫い」でできるキルト小物を作ってました。

小さな小物でも、「キルト」にするとなかなか味があって可愛いんです。

今回はA4のコピー用紙を使ってできる

小さな「キルト」小物の作り方をご紹介します。

 

♥A4でできるかぼちゃ風巾着♥

 

「材料」

 

 

・A4コピー用紙

・表布(24X24 縫い代含む)

・裏布(24X24 縫い代含む)

・キルト芯(21X21)

・木綿糸

・刺繍糸(お好みの色)

・縫い針

・刺繍針

・しつけ糸

・まち針

・アイロン

・鉛筆orチャコペン

・定規

・紐(ひも)90センチ(45センチを2本)

・紐通し

 

*刺繍糸、刺繍針は木綿糸で代用できます。

 

「作り方」

 
1、A4のコピー用紙を画像上のように折り、正方形を作ります。(余分な部分はカット)
 

2、1で作った型紙をキルト芯、表布、裏布(いずれも裏面)に当て、待ち針で固定したら、鉛筆と定規を使って型紙どおりに線を引いていきます。

 

*表布、裏布は縫い代は1センチ、キルト芯は縫い代は付けません。

 

3、裁断した布の上に、線に合わせてキルト芯をあて、しつけ糸を対角線上にざっくりと縫い、キルト芯と布を固定します。

 

*しつけ糸は後で取り除くので、縫い目はざっくりとで良いです。

 

 
4、しつけ糸に沿って、刺繍糸でステッチを入れていきます。 
 

5、表布、裏布の表面を合わせ、返し口となる部分(3~4センチ)を開け、線に沿って木綿糸でぐるりと縫い、縫い終わったら、返し口から裏返し、四隅を目打ち等でしっかりと出し返し口をまつり縫いでとじ、更にアイロンをかけて形を整えます。

*木綿糸は2本どりで縫います。

 
6、形を整えたら、更に周りを刺繍糸でぐるりとステッチを入れていきます。  
 
7、内側となる面を上にして、図(上)のように四方を折り、ひもが通る1センチ程度上を木綿糸でしっかりと縫い止め、図(下)のように、ひもを2本通していきます。 
 

9、通した紐をぎゅっとしめながら、手で形を整えていきます。

 

 

ひもがなければ、鍋敷きとしてもイケる!

 

今回は四隅を縫い止めて、ひもを通しただけの巾着ですが、

6からの工程を省けば、21X21センチの鍋敷きにもなります。

 

「もっと大きめの巾着が作りたい。。」

 

そういう場合はもっと大きめの正方形の型紙を作れば、

自分の好きな大きさの巾着が作れます。

 

 

パッチワークを目指す方はキルトがおススメ!

 

「キルト」というと「パッチワーク」を思い浮かべる人が多いと思いますが、

布を2枚以上重ねて縫う手法は「キルト」になります。

同じ生地であったとしても、お花等のステッチを入れる事で、

十分可愛い「キルト」になるんです。

 

 

「パッチワーク」はもちろん素敵だけど、センスがないと、

見るも無残な手縫いの雑巾みたいになってしまうんですよね。

(経験済みなだけに、めっちゃ悲しい。。)

もしも「パッチワーク」をこれから始めたい方は、

まず、「キルト」がおススメです。

「手縫い」だったら、失敗したとしても、ミシンと違い、

糸をほどくのも簡単なので、何度でもやり直しができますよ。

 

この暑い夏、クーラーの効いたお部屋で、

美味しいフレーバーティーなんかを飲みながら、

ちょっと優雅にキルト作りに挑戦してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です